心理カウンセラーはアナログ

資格を取ったばかりの人が、プロの心理カウンセラーになるには、そして真にクライアントのためになる心理カウンセラーとは、を考えるブログです。

全国どこでも見立て力・傾聴力アップ! オンラインでもレッスンを行っています。30分3600円♪

詳しくはこちら→スカイプ・zoom対応 - 傾聴トレーニング個別指導

対面指導は、小田急線祖師ヶ谷大蔵駅から徒歩4分の会場です。

シニア産業カウンセラー旧試験、逐語記録の提出は今年が最後ですね

逐語記録で測れる部分もけっこうあるとは思うんですけどね。
新試験、内容というよりも、
どうやって客観的に実力が測られていかれるのかが気にかかります。
 
さて、
おそらく最後になるであろう逐語提出にチャレンジしようと思われている方は、
ぜひお手伝いさせてくださいね。
 
お申込みぽちぽちといただいています。
今ならまだ、提出用の逐語に取りかかる前に、
必要なレベルに到達するための準備時間が取れます。
 
去年の試験に出したものとか、最近作った逐語を送っていただくだけでも、
必要な課題は明確にできますので、
お気軽にご相談ください!
 
 

キャリアコンサルタントの実技試験対策

ここ数年、傾聴の個人レッスンにキャリコンの試験対策の人がきてくれるようになって、求められることが共有できるようになってきました。

わたしが試験受けたのもう17年とか前なんで、

やっと時代についていけた感w

 

キャリコン試験では

「主訴と問題点」とそれに沿った「具体的展開」を問われる、

ってことなんだけど、、、

 

これがもう最初っからさ、

いわゆる心理カウンセリングでいう「主訴」と違ってて、

とっても混乱を招くと思うのです笑

 

まあ、主訴が何をさすか、問題点とは何をさすか、

なんてことは、リアルには大して重要じゃないです。

要は、話を理解して、感情とニーズを把握して、解決に近づけるスキルがあればよいのです。

でも、試験での評価項目となると、定義が揃ってないと困っちゃうよね~ほんと。

 

ライブは20分で、できることは限られてるので、

別に深い心理的問題とかまで扱う必要はなく、

すごくシステマチックにやればいいのでやっぱり、

いわゆる実技試験の中でも難しくないほうだと思います。

ビジネスマン向け。

 

応答の力をきちんと評価されるためにやるべきなのは、

まずはある程度の現状とそこにあるネガティブな感情をきちんととらえて「要約」する、

次に理想を阻害している具体的な問題点を整理する、

最後にいくつかの問題点のうち1つに対して、少し解決像に寄せるための介入をする。

というあたり。

 

たとえば質問するならば、

具体的な転換ポイントをしっかりとらえた上で、

問題点が複数あって並列だったら一番優先して解決したいこと、をきく。

もうその方向に話が集約されているようなら、明日できそうなこと、をきく。

などなど。

 

これらのことがしっかりできて、

かつ振り返りで自分のやったことが言えれば合格します。

 

現場では、もっと多様な対応力や、

問題把握のための視点が必要になるけど、

とりあえず資格取得っていうスタートラインではこれくらいでOK。

さらに高度なレベルに磨きたくなったら、

またわたしのとこにきてね(^^)

 

もうすぐ試験ですね。

みんながんばれ!

 

そして駆け込みレッスン受け付けますよ♪

目の前の人の「コア」を見つける技術

邪魔しないでついていく、というだけの技術 この記事の続きです。

 

応答力の次に、大事になるのが「見立て」の力です。

 

まずね、応答力ができてきたときに、
でもクライアントの内面で起こっている変化が、
カウンセラーにとってはっきりと理解できない状態、
これはわたしはつまんないんですよね。
 

実は、ここに分かれ目があるみたいで、

クライアントが最初どういう状態だったのが、

こういう変化が起こってこうなった、

ということが明確にわかることに喜びを感じるカウンセラーと、

そこじゃないところにモチベーションがあるから

別にわかんなくてもいいっていうカウンセラーがいます。

後者は恐らく、セラピスト気質の人が多いです。

 


モチベーションとか、
自分のカウンセラーとしての存在意義ですね。


わかるわかんないっていう以外に、

自分の役割をどうとらえているか、です。

要は、やってることに自信が持てれば、

わかるっていうことは必須でなくなる。

 

それから、求められる見立ての技術の高さは

どういう現場でカウンセリングを提供するかによります。

 

見立てが必ず必要になるのはトリアージが重要な場合。

リスクの可能性は最低限、

見立てられないと一人で仕事を任せるのは怖いです。
 

まあ、
実際は100パーセント理解するのは無理ですし

どんな現場でもリスクをゼロにはできないので、

この考え方でも正解はありません。

訴えられた時、何かあった時の想定をしっかりして免責を用意することは、

自分で仕事している方には最低限の義務として、

それ以上のことは、
本人の「知りたい」欲求による、
というところかなと最近では思っています。


 
ただ、リスクマネジメントを超えて、

人を深く理解できたほうがこの仕事はおもしろい。

と個人的には感じていますし、

わたしと同じ嗜好性の方にはどこまでもお付き合いして

一人一人の方のど真ん中の部分まで見せてもらえるような関わり方を

一緒に磨いていきたいと思っています。

 

あなたに必要なものは技術か姿勢か?
 
 

邪魔しないでついていく、というだけの技術

カウンセラーの技術にはいろんなレベル感があるわけですが、
まず基本として、
クライアントの「自己との対話」を邪魔しない、
ということは当たり前のようでいてとても重要になるわけです。

クライアント健康度が高ければ、
邪魔さえせず、
表現された言葉の中で大事なところを繰り返すだけで、
本人が自己洞察を深めて必要な変容に至る。

このことを知っていればそれだけで、
カウンセラーはクライアントの内面で何が起こっているのか
そんなにわかっていなくても、
必要な役割は果たせます。

「ただ、邪魔しない」っていうのも場面によってはすごく高度です。
だって存在してるのに「邪魔しない」んですよ。
ジャッジされてると感じたら、
クライアントは自分を表現できなくなるわけですから、
カウンセラーはピュアでありながら、
相手の状態に柔軟ていう必要がある。

カウンセラーの、小さな頷きや口癖だって、
場合によってはとっても邪魔になります。
そして、話した内容への勝手な解釈や、
大事じゃないところに注目されるような違和感も、
すごく邪魔になったりします。

まず、その人の前で何をしゃべっても大丈夫という信頼関係が、
なかなかに繊細なものでしてね。
だいたい、普通は少しずつ信頼を試しながら、
話す側も言葉を選ぶわけです。
そうしながら徐々に、自分の内面に集中していくので、
うっかりしたことを言うとすぐ、信頼関係は壊れて、
また作り直しです。

そして実際は、何もせずに聴いてるだけ、
ついていくだけでクライアントが
この、高度に集中した自己対話状態に入っていくことはあまりないので、
カウンセラーがなんらかの投げかけをすることが重要になります。
促進の技術ですね。

ということで、
現場で必要になるのはまず、邪魔しない技術と促進の技術、
つまり「応答力」といえます。

2017年シニア産業カウンセラー試験、合格のお知らせが来ました♪

みなさまあけましておめでとうございます。

年明けに、発表があったようですね。

試験対策を一緒にがんばられた方から「合格✨」のお知らせが来ました。

やったー! おめでとうございまーす^^

この方からは、

受験の時点で感想をいただいていたのでここにアップします。

 

---

逐語記録のご指導ありがとございました。 きめ細かく見ていただいたので、一つ々の応答を振り返り、ケース全体の見直しができました。わたくしにとっては、シニア試験合格のためというだけでなく、クライアントとカウンセラーの関係性が及ぼす影響や見立てについても、改めて考える機会となったことが、大変、有意義でした。 シニア試験の点からは、「クライアントの変化」を紙面で表現していくことが、いかに重要かを教えていただきました。カウンセラーの応答がどうクライアントの変化に結びついたのか、沈黙や笑いをどう捉えているのか等々、当初、自分で作成したものではシニアのレベルには至らないことが理解でき反省しました。 やはり、指導経験の豊富な方に、ご指導いただくことで、自分自身のカウンセリング力の向上にもつながるのではないかと思います。 ありがとうございました。

---

 

見立てと、クライアントの変化を、

具体的に表現することが求められているっていうことですね。

口述試験だったらその場で振り返りとしてシンプルに言葉にすること、

逐語試験だったら、相応の表現で文章にすること。

これができてこそ、

カウンセラーとして「再現力がある」という評価になります。

 

合格された皆さん、

改めて、本当におめでとうございます!

たくさんのクライアントさんとの出会いがありますように。

 

 

 

「要約が壊滅的にヘタである」

要約がヘタ、というのはなかなか自覚ができないことだと思います。

面と向かってヘタですね、とはなかなか言われない。

わたしも生徒さんたちに言いません。

 

でもずっと勉強をしていくとある時、気づく日がきたりします。

どこかの厳しいフィードバックをきっかけに、

今まで遠慮がちに言われてきたことの意味が具体的にわかってくる、とか。

 

今朝、個人レッスンをした方は、

実は要約が壊滅的にヘタであるということに気づいたということで

強化レッスン希望でした。

 

要約とは、

クライアントが話したことを短くまとめることですが、

話を部分的にきいて、自分の解釈を足してまとめてしまうくせがついていると、

正確さがまちまちになります。
話している方は、きちんと伝わっていない、と感じ、
何度も訂正すると、本当に話したいことまでたどり着かず、時間を無駄にしたり、最終的には信頼関係に影響します。

 

応答のために言葉を選ぶときの注意力が弱いと、

主語は合ってるけど述語が違ってて、

意味が反対になっちゃってるとか、、、

ときどきでもそういうのがあると、なかなか壊滅的です。

 

どこをきいててどこを忘れちゃうのか、

どこで気が抜けて解釈を挟んじゃうのかは、

短い話を要約してすぐに振り返ることでわかってきます。

今日の方は5分を3回やりました。

人によってはそれでも長いので、2分とか3分からトライしてみてもいいと思います。

 

気が抜けるのは、

「さっきの言葉なんだっけ、重要だったような、、、なんだっけなんだっけ」のような自分の頭の声と、

クライアントの話の断片から「なるほどお母さんが心配性ね~、きっとこうでこうでこんな感じなんだろうな」と思い起こさせるような想像に意識を取られるからであることが多いです。

 

これは、どっちも重要なのでゼロにはしなくていいんですが、

そこに意識を使いながらも、

耳からの情報を正確にインプットすることにも継続して注意が必要です。

 

注意力の分散のさせかたは、慣れなので、

年齢に関係なく鍛えられるところです。

練習あるのみ^^

 

自分の聴くチカラはどれくらいかなあ、と思われた方は、

タイムチケットの簡易診断をどうぞ。

「あなたの聴き上手度を測定いたします!」

 

www.timeticket.jp

 

 

傾聴を勉強しようという人へ③ いい人であらねばならない

昨日の続きです。傾聴を勉強しようという人へ②

心理および対人援助職を志すみなさんにおかれましては

わたしが今まで出会った中では割と・・・多かったですが、

大変ドライな言い方をしますと「ありがとうって言われたい」というメンタリティの人は、

プロとしてはけっこうリスキーかと思います。

 

あれですねそもそもの自己肯定感。ありがとうって言われたい人は、低いです。

自分のためより他人のため。

春、わたしは久しぶりに師匠と呼びたい方に出会いましたが師匠の言葉では「菩薩病」。

 

前回の記事で、いい人は我慢を貯めやすいということをちらっと書きましたが、

自分の気持ちを抑えるくらいならまだいいほうだと思います。

 

相手の話をきく、って、それによって目に見えて何かが起こるわけではないじゃないですか。

でも実際は、身を入れてきけば、共感してきけば、

本当にそれだけで相手に大きく影響を及ぼすものなのです。

 

このことを正しく認識しないと、

自分が何ができているのか手応えがないので、

きけばきくほど「わたしはなんの役にも立てない」という感覚が強くなり自信をなくす、

という逆転現象が起こったりします。

 

そもそも、いい人でありたいというアイデンティティと、

職業を直接結びつけている状態はそれだけで危険です。

ずっといい人でいるなんて無理だし、

人とかかわる仕事では、いろんな揺らぎが起こって当たり前ですから。

 

一応、心理職を目指す人は、理想の自分と現実の自分のギャップに折り合いをつける方法をある程度わかってからプロになります。一応ね。

だから曲がりなりにも、現場でクライアントに関わる時は、自己一致した状態を維持できる。

それが仕事の一部であることを知っています。

 

看護師さんや医師も、知識レベルでは知ってるはず。

自分を客観視できないと、相手(患者さんね)の命に関わるもん。

 

でも、福祉職の人は、

どのひとにきいてもそのトレーニングカリキュラムのなかに、

この辺りに該当しそうなものがないのよね。

だから自力で何とかしてるか、ほんとに身も心も削ってるんじゃないかと思う。

 

ある意味、軟弱な心理の人に比べてめっちゃタフな人もいるもんね。カッコイイです。

けどまあみんながみんなタフじゃないし、
仕事なんだからすり減らないようにやれたほうがいいし、

後輩を育てる時とかもね、心理屋の知恵も使ってほしいと思うのです。